本文へスキップ

行政書士の仕事・行政書士試験・勉強法等の行政書士開業情報を「行政書士で年収1000万円稼ぐ法」の著者丸山学が情報発信しています。

行政書士の開業成功させる方法は?

どれくらいの期間で事務所は軌道にのるの?

行政書士事務所を開業して、どれくらいの期間で軌道にのるのか?

という事も多くの開業者が気になるところです。しかし、あえて水を差すようなことを先に言わせていただくと、

 『どれくらいの期間で軌道にのるかの前に、そもそも軌道にのらずに終わるケースも多い』

という現実があります。

そういう現実もあるという事を踏まえた上でお話をさせていただくと、ここ数年の傾向としては「開業してすぐに軌道にのる」(売上が充分に上がる)というケースが多くなってきています。
こうした行政書士を開業してすぐに軌道にのる先生の傾向としては、「マーケティング」の意識を強く持っているということです。

経営者としては当たり前ですが、士業の世界は長く職人的な世界でしたから、一般の経営者のように「マーケティングを勉強しよう」という意識は非常に薄かったのです。

そうした職人的な世界にマーケティング知識を携えて参入すると、語弊はあるかもしれませんが営業上は『楽勝』なのです。

もちろん、それに実務能力が伴っているのか?などの問題点はありますが、とりあえず経済的にはいきなり軌道にのるどころか、サラリーマン時代の何倍もすぐに稼いでしまうのです。

従来は、「3年は食えないと思え」と言われた行政書士の世界ですが、そこは大きく様変わりしてきたと思います。

ご参考までにお話をしておきますと、インターネットの世界で成功するには半年はかかるのが一般的です。と、言いますのも現在の検索エンジンは、出来たばかりのサイトは低く評価します。(検索されづらくなるということ)

UPして半年くらいたたないと検索エンジン経由のアクセスは期待できないということです。これは予め知っておいた方がいいと思います。
(但し、有料の広告などに投資できるお金があるのであれば、インターネットでも早く成功できる可能性はあります)

いずれにしても、事務所を早期に軌道に乗せるには「マーケティング」に対する意識が必要なようです。