本文へスキップ

行政書士の仕事・行政書士試験・勉強法等の行政書士開業情報を「行政書士で年収1000万円稼ぐ法」の著者丸山学が情報発信しています。

行政書士の開業成功させる方法は?

行政書士の実務はどうやって覚えるの?

実務をどうやって覚えるのか?

これは、行政書士開業者にとっては実に悩ましい問題です。
たとえば、弁護士、税理士であれば「先輩事務所でしばらく修行して」という流れが出来ていますし、実際、補助者やパートナーの求人も多くあります。

しかし、行政書士の場合、「まず、補助者として先輩の事務所で仕事を覚えたい」と考えても、ほとんど求人の口はありません。

私も行政書士試験合格後、地元で開業している行政書士事務所に手当たり次第に履歴書を送付してみました。
しかし、補助者を募集しているところは無く残念ながら『先輩事務所で実務を覚える⇒独立開業』という道は絶たれました。余談ですが、開業後、地元支部の飲み会では諸先輩がたに「募集もしていないのに勝手に履歴書を送ってくる人なんていないからびっくりしたよ〜」と、酒の肴にされました。

多くの行政書士は、私と同じように仕方なく実務経験ゼロから開業をするということになるのだと思います。

では、どうやって実務を覚えていくのか?

結論から言ってしまえば、『走りながら覚える』ということになります。

つまり、まず仕事を取って、それをやりながら覚えていくのです。

なんて乱暴な!と、思われるかもしれませんが、それが実態ですし、ある意味ではそうしたノリが無いと成功できない世界でもあります。
もちろん、机上の勉強も出来る限りやるのは当然ですが、士業の実務は机上の勉強だけでは本当のところは覚えられません。全ての業務は「例外」や「本音と建前」に満ちていますので。

整理すると、実務経験無しで開業し、とりあえず机上で出来る勉強はすべてやり、後はやりながら(走りながら)覚えるのです。

それから「体験できる事は何でもしておく」というのも必要です。

たとえば、会社設立手続きにあたっては初めに法務局で「類似商号調査」「事業目的の適格性の確認」というものをやります。現在では必ずしも必要な調査・確認ではありませんが、これなどは無料で体験できる訳です。

私は依頼が一件もないころから、こうして無料で体験できることは何でもやっていました。
そうして法務局での作業の手順や雰囲気を知っておくだけでも、依頼人の相談対応のときに役立ったり、心に余裕が生まれます。

無料でなかったとしても、内容証明郵便を実家に送付してみると、どのような形で内容証明郵便を作ればいいのか、郵便局ではどのようnところをチェックしているのか、受け取る人はどのような形で受け取るのか(不在時や受け取り拒否のときは、どのような処理をされるのか)という事が分かります。
こうした事もわずかな費用で体験できます。

何にしても、スマートではありません(笑)。
泥臭く、時に困り果てながら実務を覚えていくしかないのです。自分がやったことも無いことを報酬をいただいて引き受けるのですから「困る」などというレベルではなく「困り果てる」ことになるのです!

どうですか?ちょっと、嫌だなあと思いますか?

でも、多くの人が「嫌だなあ」と思うところを乗り越えるとそれだけでトップ10%に入れると思いませんか?

行政書士の世界だけでなく、多くの人が「嫌だなあ」と思うところを乗り越えられるか否かで仕事の成果は変わってきます。

他の人と同じように「嫌だなあ」と思うものを全て避けていれば、いつまでたっても「その他大勢」のままです。

どんな世界でもトップ10%に入れば、充分に食べていけます。
実務を覚えるのに楽な方法はありません。大いに苦しんでトップ10%に入りましょう!