本文へスキップ

行政書士の仕事・行政書士試験・勉強法等の行政書士開業情報を「行政書士で年収1000万円稼ぐ法」の著者丸山学が情報発信しています。

行政書士の試験難しいの?

「試験合格の努力」は割に合うのか?


行政書士試験は難関資格?」で書きましたように、まだ今のところは行政書士試験は超難関資格とまではいっていないようです。
しかし、今後、行政書士試験が正真正銘の超難関国家資格になってしまう可能性も否めません。

さて、もしあなたが、

  「自分は弁護士になってやりたい仕事がある」
  「自分は人事のことが大好きなので、どうしても社会保険労務士になるのだ」

という強い想いがあれば、あまり『費用対効果』や『コストパフォーマンス』などという事は考えずに、ひたすらその試験に合格することを目指すべきです。

一方、特にそうした「想い」がある訳ではない人は、ある程度、『コストパフォーマンス』ということも考えて受験する資格を選択することも大事になってくるでしょう。
すごい苦労をして取得した資格なのに、それで開業しても食べていけない。なんていう事態になったら悲惨です。

つまり、「受験の大変さ」と「開業後の市場の有望性」をよく勘案する必要があるということです。

さて、そこで「行政書士」はどうか?という事です。

結論から言ってしまえば、私は少々行政書士試験の難易度が増したとはいえ、行政書士いまだにコストパフォーマンスの良い資格だと考えています。

行政書士は市場のニーズが高い業務を扱える資格です。
もちろん、だからといって自分がその業務を獲得できるかはまた別問題ですが、とりあえず市場のニーズが存在する。高まっているという事が何より重要です。

そう考えた場合、行政書士の「受験の大変さ」と「開業後の市場の有望性」を勘案したならばコストパフォーマンスは高いほうだといえます。

逆に弁護士資格などは国の政策として「弁護士を大量に増加させる」という方向にありますので、合格の大変さと開業後の旨み(?)を考えると疑問符が付くかもしれません。

もちろん、弁護士同士の競争が激しくなると、弁護士が行政書士業務に乗り出してくるといったサバイバル状態になることが考えられますが、だったならば、弁護士ほど難関ではない行政書士資格をさっと取得して回収に入る(行政書士業務を獲得して報酬を得る)方がビジネス上は賢明かもしれません。

但し、繰り返しになりますが、これはあくまでビジネス面から捉えたコストパフォーマンスです。

どうしても弁護士でなければ出来ない業務をやりたいのであれば合格率とは難易度とか考えずに突き進めべきです。逆に、こだわりがないのであればコストパフォーマンスを検討する必要があるということです。