本文へスキップ

行政書士の仕事・行政書士試験・勉強法等の行政書士開業情報を「行政書士で年収1000万円稼ぐ法」の著者丸山学が情報発信しています。

行政書士の仕事どんな事するの?

資格別の平均年収とワンポイント・アドバイス(社会保険労務士)

社会保険労務士(社労士) 収入 仕事 合格率
合格率 8.5%(H18年度)
収 入 500〜1200万円
資料請求
(無料)
【生涯学習のユーキャン】社会保険労務士講座
仕 事 社労士は、行政機関等に提出する申請書、届出書、報告書などの書類作成や、賃金台帳などの帳簿書類作成などを行います。
雇用保険、健康保険、厚生年金保険、労災保険などの申請書、報告書、届出書の作成など。
<行政書士 丸山学のワンポイントアドバイス>

社労士さんの開業成功ポイントは「付加価値の創出」にかかっています。

従業員の入退社の手続きだけでは、正直、会社内で簡単に出来てしまいます。
また、頻繁に入退社があるのは大企業だけです。
そうなると、いかに付加価値(労使、人事関連のコンサルティングなどで)を付けて顧問契約を継続していけるかという問題になってきます。
行政書士開業


※上記、資格の収入はあくまで世間一般的に言われている目安です。