本文へスキップ

行政書士の仕事・行政書士試験・勉強法等の行政書士開業情報を「行政書士で年収1000万円稼ぐ法」の著者丸山学が情報発信しています。

行政書士の仕事どんな事するの?

資格別の平均年収とワンポイント・アドバイス(行政書士)

行政書士 収入 仕事 合格率
合格率 4.79%(H18年度)
収 入 500〜3000万円
仕 事 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。
会社・法人の設立、外国人の帰化や在留、建設業の許可申請など。
資料請求
(無料)
【生涯学習のユーキャン】行政書士講座
<行政書士 丸山学のワンポイントアドバイス>

あまりに業務の幅が広いので、「行政書士さんって、何する人?」と聞かれると答えるのが結構難しかったりします。
収入は確かに活躍されている人たちの平均は500〜1000万円くらいかもしれません。
しかし、平均に入らずに廃業していく人も相当数いるような気がします。
業務の幅広さに惑わされずに専門業務を特化していけるかがコツだと思います。
行政書士開業


※上記、資格の収入はあくまで世間一般的に言われている目安です。