本文へスキップ

行政書士の仕事・行政書士試験・勉強法等の行政書士開業情報を「行政書士で年収1000万円稼ぐ法」の著者丸山学が情報発信しています。

行政書士の仕事どんな事するの?

行政書士で食べていけるの?

「行政書士資格を取って開業したとして、本当に食べていけるんですか?」

これは、よく聞かれることです。
私の答えはいつも決まっています。「食べていける人もいれば、食べていけなくて廃業する人もいる」

質問をした方は、この私の回答にちょっとがっかりするようです。

「大丈夫、行政書士で開業すれば食べていけるよ」とか

「いや〜、行政書士では厳しいから止めておいたほうがいいよ」といった、

明快な『答え』が欲しい〜それが本当の気持ちのようです。


私も開業前は、「行政書士で開業して食べていけるのかなあ?」ということばかり考えて、その『答え』がどこかにないものかといつも探していました。しかし、自分が開業してみて分かったことは、そうした『答え』はどこにもないという事です。

「行政書士資格を取って開業したとして、本当に食べていけるんですか?」と訊く心理は、「ラーメン屋さんで開業したら食べていけますか?」と訊くのと同じです。

世の中には非常に繁盛して成功しているラーメン屋もあれば、お客がまったく入らずに廃業していくラーメン屋さんもあることは想像がつくと思います。
つまり、「ラーメン屋だから成功する」ということもなければ、逆に「ラーメン屋だから失敗する」ということもない訳です。

成功と失敗を分けるのは、「ラーメン屋か否か」ではなく、その店主の『腕』と『経営能力』です。

行政書士も同じです。その行政書士の『腕』と『経営能力』です。

インターネット上には様々な情報が氾濫していると思います。

   「行政書士では食えない」
   「社労士では食えない」

それらは全て「ラーメン屋さんで開業したら食べていけますか?」という発想と変わるところがありません。

その士業に『腕』と『経営能力』が無ければ、弁護士資格を持っていても成功はできないということです。
もちろん、開業当初は『腕』も『経営能力』も無いのが一般的です。
それは仕方のない事です。開業してから一生懸命努力をして『腕』と『経営能力』を磨けば充分に間に合います。

もちろん、その資格の業務に対して世の中にニーズが全く無いのであれば確かにどれだけ『腕』と『経営能力』を上げても食べられないという事になります。

しかし、行政書士でいえば、今、世の中は起業ブームで「会社設立」をする人も多い。

高齢化社会で「相続」案件は多くなり「遺言書作成」をする人も多くなっている。

残念ながら離婚する夫婦も多く「離婚協議書」の作成需要も増している。

困ったことに悪徳商法も増えて、「内容証明郵便」を使わざるをえないのも実情です。

少なくてもニーズが無いということは言えません。

但し、世の中にニーズがあったとしても、あなたのところに依頼が来るかどうかは別の話です。

『腕』(実務能力)と『経営能力』があるところには、実際、多くの依頼が殺到しています。

それが無いところには、残念ながら依頼も無いのが実態です。

行政書士の中でも、「依頼が多すぎて困っている!」という先生と、「依頼が無くて困っている!」という先生に分かれているのです。

しかし、私見ではありますが、士業の世界というのは結構古い、昔ながらの世界ですので、いまだに『経営能力』ということは業界全体でも重視されていません。
ですから、開業したならば実務を研鑽するのは当然のこと、「経営」や「マーケティング」ということも少し勉強をするようにしましょう。

それが出来ているだけで、他の競争が激しい業種から比べたら比較的容易に仕事には困らなくなります。

営業的に成功している行政書士と、そうでない行政書士を分けているものの一つに「農耕型」と「狩猟型」の違いというものがあると私は分析しています。

「食べていけるのか?」という疑問に対しては、やはり「行政書士へのニーズは多くある。
しかし、その依頼があなたのところに行くかどうかは、あなたの努力次第だ」と、答えるしかないのです。
開業をするのであれば、是非、依頼が殺到する先生になれるように『経営能力』を高めてください。

私の著作『資格で起業』(PHP研究所)なども参考にしていただければと思います。
資格で起業 ノーリスクで年収3000万円稼ぐ方法