本文へスキップ

行政書士の仕事・行政書士試験・勉強法等の行政書士開業情報を「行政書士で年収1000万円稼ぐ法」の著者丸山学が情報発信しています。

開業のウラ話年収1000万円までの道

業務知識ゼロからの行政書士開業物語
〜年収1000万円までの道〜

ある時、依頼人の方が明らかに怒ったような雰囲気で私の携帯に電話をかけてきました。

「丸山先生。先生の作ってくれた書類を役所に持っていったんですけど、エライ恥を書きましたよ。
全く現在の法律に対応していない書類だって。笑われちゃいましたよ。私は専門家が作った書類だからと堂々と提出したんですけどね。穴があったら入りたいくらいでしたよ!!」

私は携帯電話を持ちながら、止め処もなく流れ落ちるあぶら汗を拭く事もできず、ただひたすら謝罪の言葉を述べるしかありませんでした。穴があったら入りたいのは、私のほうでした。

書類作成代としていただいた報酬5万円をすぐにお返しすることを約束して、なんとか依頼人の方には許していただきました。

法律改正があったことも知らずに、少し前の雛形を参考に見よう見まねで作成した書類が引き起こした恥ずべき事態でした。誰も頼れる人がいなかった、開業間もない頃の苦い思い出です。

 あれから数年。

私は今、曲がりなりにも補助者数名を抱えて行政書士事務所を運営しています。おかげさまで行政書士としてのマーケティング本や実務書など多数の本を出版することも出来ました。
業務経験も、お金も、人脈もないなかでの独立・開業でした。
上記のような事も含めて、恥をかいたことは数知れません。

法律改正情報も誰が教えてくれる訳でもないのに、書類を間違うことも許されない状況で役所でたらいまわしにされながら情報を集めて回りました。
一人目の顧客になってくれる人を求めて慣れない飛込み営業をしてボロボロになりました。
お金がないうえに事務所に泥棒に入られ、さらにお金がなくなりました。

しかし、その状況を大きく変えてくれたものが二つありました。

一つはインターネット。
これによってウソのように顧客を獲得することが可能になりました。

もう一つが業務の選び方。
これによって自分の専門性が確立され、単発業務が多いといわれる行政書士業のなかでもリピートで依頼をしていただけるお客様が増えました。そして、自分の専門の業務には自信を持って顧客対応できるようになりました。

もし、よろしかったら下記のメルマガに登録してみてください。

インターネット〜専門業務の特化〜開業当初の大恥をかいた「あの日」から今日まで。
私の試行錯誤の全てがこの中に集約されています。
 ・行政書士という仕事に興味のある方
 ・行政書士(士業)としての顧客獲得ノウハウを知りたい方  ・・・に、向けて

行政書士試験には合格しても、それで本当にメシは食えるのか?
『行政書士になって年収1000万円稼ぐ法』(同文舘出版)の著者・丸山学が「実務経験なし、コネなし、資金なし」から行った実務・開業・顧客獲得ノウハウを提供中

メルマガ購読・解除